医療レーザー脱毛はどうやって脱毛するの?メリットも一緒に解説

医療レーザー脱毛の仕組みとは

医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応する特殊なレーザーを用いることで行う脱毛方法です。肌にレーザーを照射すると、毛の黒色の色素であるメラニンが反応して熱を生み出します。その熱が毛根や周辺組織にダメージを与え破壊することで、新たに毛が生えてこなくなるのです。レーザー脱毛は1回のみではなく複数回行う必要があります。毛には毛母細胞が活発になる成長期、毛が自然の抜け落ちていく退行期、新たな毛が生えてこない休止期の発毛サイクルが存在し、メラニンを多く含む成長期に当たる毛のみがレーザー脱毛の効果を受けるからです。そのため発毛サイクルに合わせて、2か月に1回程度のペースで受けることが求められます。

医療レーザー脱毛のメリットとは

毛を自己処理する場合では、肌をきれいにするつもりでいても傷つけてしまう場合もあります。レーザー脱毛は毛根周辺のみにダメージを与えるので、肌への影響が少ないのが特徴です。また、医療レーザー脱毛は医療機関でしか受けることができません。その分高い出力のレーザーを扱えるので1回当たりの効果も高くなります。発毛のサイクルを待つ必要があるので時間がかかりますが、通院回数が少なく済むのがメリットです。施術後には毛嚢炎などの肌トラブルを起こす可能性がありますが、医師の診察を受けられるので万が一の時も安心です。デメリットとしては、自由診療に当たるので保険が適用できず、費用が高額になる面があります。しかし、効果も高いので脱毛を終えるまでにかかる費用を考えると結果的に安く済む可能性もあります。

医療レーザー脱毛で感じる痛みはエステ脱毛に比べて強いと言われます。黒いものに反応するレーザーを利用して行うため、毛の濃い部分では強くレーザーが反応し、強い痛みを感じることが多いです。