バストの大きさと形に拘る人へおすすめの豊胸術!

人工乳腺バッグのメリット!

豊胸術でとにかく大きさに拘る人は人工乳腺バッグでのバストアップをおすすめします。この手術はまず術前のカウンセリングで現在のバストサイズと形状を計測します。医師からの提案と自分の希望する大きさと仕上がりに納得したら、それが実現可能な人工乳腺バッグと言うインプラントを使用して手術を行います。手術にかかる時間は麻酔から始まり全ての処置が終わるまで1時間程です。大きく切開しないのも人工乳腺バッグの特徴で、術後時間が経過すれば傷あとはほぼわかりません。また人工乳腺バッグでの手術を受けた人の中には年数がたつことで、現在のその大きさや形に不自然さを感じる人もいます。そのような悩みがある人には、人工乳腺バッグを抜去してヒアルロン酸を注入すると言う手術があります。この手術で残る傷あとは目立つことも無く、バストが年相応なハリと大きさを保てると言うメリットもあります。

手術が苦手な人はヒアルロン酸注入!

豊胸術でヒアルロン酸注入することでのメリットは、メスを使わない手軽なプチ整形でヒアルロン酸注入後直ぐ大きくなることです。施術時間も15から30分程度で、「バストを大きくしたいけどメスを使った手術は苦手」と言う人に向いています。さらにこの施術はデザインメイクが可能でバストにハリを出したり谷間をつくる、他にも外側にボリュームを出すことも実現可能です。バストに左右差がある人はこの施術で調整することをおすすめします。そして術後のバストの形は自然に仕上がり腫れや内出血、痛みは殆ど無く注射だけなので傷あとも残りません。ただサイズアップに限りがあることと、注入したヒアルロン酸が時の経過と共に、吸収されるので元々のサイズにいずれは戻ってしまいます。

豊胸手術は安全性が重視されますが、同じ豊胸用のパッドでも個人の体質で柔軟性に変化が生じる問題があります。手術の前の体質検査を適切に行うクリニックであるかを確認するのが比較する際のポイントです。