表情しわに効果的!ボトックスの効果と安全性について

ボトックスとはどういう治療法

ボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出されるボツリヌストキシンという成分を注射することで、目尻や眉間などの表情しわの改善に効果があるといわれています。ボツリヌストキシンを注射すると、注射された筋肉が一時的にマヒ状態になります。しわの原因となっている筋肉の緊張を和らげるため、しわの改善に効果を発揮します。ボトックス注射は主に目尻や額などの表情しわに特に効果を発揮しますが、他にもエラ部分に注射することで小顔効果が期待できたり、あご部分に注射することであごのたるみの改善もきたいできます。ボトックス注射は一回のみではなく、複数回行うことで効果を発揮します。そのため、継続した通院が必要になります。

ボトックス注射は安全なのか

ボトックスはボツリヌス菌由来の成分を注射するため不安に思う方もいますすが、抽出する際に毒素を薄められており安全性の認められたものしか使用されないため、安心して受けることができます。ただし、技術の未熟なドクターが施術を行う場合、仕上がりに違和感を生じる可能性もあります。また、ボトックス注射の効果は一過性のため、効果を継続させるためには継続して通院し注射をしなくてはいけないといったデメリットも存在します。また、重症筋無力症などの神経接合部の障害を有している人が行うと、重篤な副作用が起こる可能性があります。まれに呼吸困難など命に関わるような副作用が起こりうる危険性もあるため、ボトックス注射を行う際には、医師とよく相談してから決めてください。

ボトックスとは、プチ整形で人気な施術方法です。注射をすると筋肉の力が弱まって、それによりシワを出来にくくしたり、筋肉の発達が原因のエラ張りを軽減したりすることが出来ます。